真・MFC千夜一夜物語 第228話 MFCの制御不良とは? その10

もう一つのMFC千夜一夜物語である日本工業出版さんの「計測技術」誌「マスフロー千夜一夜物語<質量流量計の基礎>」という連載も2017年2月号(1/25発売)で連載31回を迎えさせて頂きました。
170214_03.jpg

2月号では、コンバージョンファクター(CF)に関する少し掘り込んだ解説から始まり、マスフローコントローラー(MFC)やマスフローメーター(MFM)で使用する流体(ガス)種による注意事項を解説しています。
本ブログと併せて、宜しくお願い致します。

さて、「ガス導入時のオーバーシュートが過大」というMFCの制御不良の解説の続きです

今回解説しますのは、MFC側の応答調整、PIDの微調整では解決できない=MFCの制御の問題ではなくて生じるオーバーシュートに解説です。
実はこの解説はすでに何度かこのブログでお話ししています。
MFCが流量設定入力値(SV値)と流量出力値(PV値)を常にイコールにしようと制御しようとするシステムであるが故に発生するトラブルです。

① ガス導入時にMFCの流量制御バルブが全開になってしまっているパターン

170214_01.jpg
170214_02.jpg

上図を見ていただければ思い出していただけたかと思います。
MFCの設定信号を入れた状態で前後の閉止バルブを閉めた状態にすると、MFCにはSV>PVの状態が発生します。
その為、MFCはSV=PVとなるようバルブ制御信号(MV値)をバルブがより開く方向へ出力してしまいます。
しかし、ガスは止まっていますから、PVそこに閉止バルブが開いてガスが流入してくると、当然MFCの制御は最大流量から始まってしまいます。
しかも、熱式流量センサー、特に直接流体に接触しない構造の巻線式は応答性が決して良くないので、多量のガスが流れてしまったことを検知するのにラグが生じるので、バルブがPV=SVになるようクローズ方向へ制御に入るのは大量のガスが流れた後になったしまうことが多いです。

最悪のパターンは、古い設計の巻線式センサーを積んでいるMFCで熱を奪う能力が高いガス(二酸化炭素等)を使用していた場合、センサー部で与えている熱を流体が奪いきってしまい過冷却状態となり、しばらくセンサー出力がダウンしてしまい、実流量よりはるかに少ないPVしか出力しなくなった為に、やはりPV
この問題はMFCへ流量設定信号を送る制御側に主たる責任があります。
バルブの開閉タイミングに合わせてMFCへの流量設定信号も可変させる事で解消ができます。
つまり流体が流れないときは、設定信号もゼロにするかバルブを強制的に閉モードにするように工夫しておけば、避けられるトラブルなのですね。

【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】by Deco EZ-Japan

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

Secret

プロフィール

EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠

Author:EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠
MFC千夜一夜物語のDeco こと 黒田 誠 です。
2014年6月より流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”EZ-Japan(イージージャパン)として開業いたしました。

流体の流量・圧力・温度に関わる計測・制御技術の伝承と、新技術のご紹介を行うエバンジェリスト(伝道師)の仕事を生業といたしております。

日本工業出版さんの「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載を続けさせて頂いています。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ