真・MFC千夜一夜物語 第219話 MFCの制御不良とは? その1

もう一つのMFC千夜一夜物語である日本工業出版さんの「計測技術」誌の「マスフロー千夜一夜物語<質量流量計の基礎>」という連載も2016年7月号(6/24発売)で連載25回を迎えさせて頂きました。
今回はデジタルMFC(マスフローコントローラー)のデジタル通信の利点に関する解説記事となっております。
本ブログと併せて、宜しくお願い致します。

さて、よくお客様から「MFCが制御不良を起こしているぞ!なんとかしてくれ!!」という悲鳴にも似た声を頂くことが営業マン現役時代の若き日のDecoにはありました。
今よりMFCのトラブルが多かった時代だったのかもしれません。
電話でそう言われても、どういう制御不良が生じているのかを確認しないと、有効な対策が打てませんね。
そのまま工場の技術さんに「お客さんがMFCの制御不良で大変だから、なんとかして!」等と頼んだ日には、「君は一体お客様から何を聞いているのだ!」という批難の艦砲射撃を食らうのは目に見えています。
そこでお客さんのお怒りをなだめながら、いろいろな情報を聞き出すわけです。

例えば
MFCが制御できていないのか?
・設定信号(SV値)と流量信号(PV値)が一致していないのか?
・SVとPVは一致しているのに、実流量がずれているのか?
・ずれているという実量値は何で測定しているのか?

MFCは制御しようとするのだけれど、その過程がおかしいのか?(下図参照)
・ハンチングして安定しないのか?
・ガス導入時のオーバーシュートが過大なのか?
・応答が遅くて規定時間内に流量制御できないのか?
・出流れが発生して、低流量設定時のみ流量が制御できないのか?
160629_01.jpg

・逆に高流量設定時のみ、SV>PVとなり流量が頭打ちするのか?
・流量制定後、一時的にドロップしたりオーバーシュートしたりするのか?
・流量制御はできるが、ゼロ点がどんどんずれて調整不能なのか?

ざっと挙げただけでもMFCの制御不良には、こんなにパターンがあります。
次回から個々の制御不良がどうして生じているのかをご説明していきましょう。
発生原因をご理解いただいたけば、現場ですぐできる対応、MFCメーカーに伝えて頂けると問題解決に役立つ情報は何かが頭に浮かんでくると思います。

余談ですが、本ブログを読んでいただいている方からMFCに関してご相談のメール等を頂くことがありますが、丁寧に状況の説明とMFCのSV&PV値がどうなっているか?その際にラインにある圧力センサーの信号はどういった動きをしていたかをプロットした資料を送っていただける方がおられます。
これは事態の把握に大変助かります。
今の装置はそういったロガー機能が充実している事もあり、またPCからメール添付ファイルでそういったログをやり取りできるようになったお陰もあるのですが、やはり取り組まれる担当さんの意識という要素は大きいと思います。

【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】by Deco EZ-Japan

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

Secret

プロフィール

EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠

Author:EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠
MFC千夜一夜物語のDeco こと 黒田 誠 です。
2014年6月より流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”EZ-Japan(イージージャパン)として開業いたしました。

流体の流量・圧力・温度に関わる計測・制御技術の伝承と、新技術のご紹介を行うエバンジェリスト(伝道師)の仕事を生業といたしております。

日本工業出版さんの「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載を続けさせて頂いています。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ