真・MFC千夜一夜物語 第21話 圧力式MFCとは?その1

もう一つのMFC千夜一夜物語である日本工業出版さんの「計測技術」誌の「マスフロー千夜一夜物語<質量流量計の基礎>」という連載も2016年3月号(2/25発売)で連載21回を迎えさせて頂きました。
今回は高温用MFC(マスフローコントローラー)に関する解説記事となっております。
本ブログと併せて、宜しくお願い致します。

さて、今回からご説明するのは、最近Decoもお客様に質問されることが多い、圧力式MFCとは?というお話です。
まず最初にAPC、PI-MFCと圧力式MFCと、の違いは、おわかりですか?
APCとはAutomatic Pressure Controller の略語ですから、自動圧力調整器であり、圧力センサーからの圧力信号に基づき、上流、若しくは下流の圧力を制御する機器のことです。
構造上はMFCの兄弟分ですという、解説を以前させて頂きましたね
160323_01.jpg

PI-MFCも解説済みで、PI=Pressure Insensitiveの略で圧力変動影響緩和型MFCのことです。
急峻な圧力影響から流量制御を守る機能を搭載したMFCですね?
160323_02.jpg

では圧力式MFCとはどういうものでしょう?
この名称自体、少し謎な表記なのですが、本来MFCが搭載している熱式流量センサーではなく、圧力センサーを用いて流量を計測するギミックを積んだMFCのことです。
重要なのはAPCと異なり、あくまで圧力式MFCは流量制御の為のデバイスであって、圧力制御用ではないことです。
APCは「圧力センサーで圧力をセンシングして、流量制御バルブで流量を制御した結果、上流もしくは下流に生じる圧力を制御する機器」であるのに対して、「圧力式MFCは圧力センサーを用いて流量をセンシングし、流量制御バルブで流量を制御する機器」であるということをご理解頂きたいと思います。

圧力式MFCとは、差圧式流量センサーを搭載したMFCのことを指すのが一般的です。
差圧式流量センサー=差圧式流量計は、オリフィスのような絞り部を設け、その上流下流の圧力差を測定することで流量を導き出す「絞り式流量計」と、層流素子を使用した「層流式流量計」に分類されます。

詳しい解説は次回から始めましょう。

【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】by Deco EZ-Japan

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

Secret

プロフィール

EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠

Author:EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠
MFC千夜一夜物語のDeco こと 黒田 誠 です。
2014年6月より流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”EZ-Japan(イージージャパン)として開業いたしました。

流体の流量・圧力・温度に関わる計測・制御技術の伝承と、新技術のご紹介を行うエバンジェリスト(伝道師)の仕事を生業といたしております。

日本工業出版さんの「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載を続けさせて頂いています。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ