真・MFC千夜一夜物語 第206話 MFCの継手のお話 その8

もう一つのMFC千夜一夜物語である日本工業出版さんの「計測技術」誌の「マスフロー千夜一夜物語<質量流量計の基礎>」という連載も2016年2月号(1/25発売)で連載20回を迎えさせて頂きました。
今回はスイスからやってきた最新のCMOS流量センサーを搭載したMFC(マスフローコントローラー)であるSensirion社製品をDecoがパソコンで動かして遊んでみた少しライトな記事となっております。
本ブログと併せて、宜しくお願い致します。

さて、MFCの継ぎ手のお話は前回からIGS(Integrated Gas System)で使用されている表面実装型(サーフェスマウントタイプ)=ダウンポートタイプのMFCのお話です。

IGSに使われているMFCは、従来の継手仕様のMFCとどう違うのでしょうか?
これはダウンポートタイプという言葉が示しているように、MFCやマスフローメーター(MFM)の流体出入口が下側にあるのが大きな特徴です。
下の写真で比較してみましょう。
160217_01.jpg

写真はITWジャパン株式会社さんから提供頂きました。
同じGFシリーズのMFCで違いは左側が1/4“VCR継手仕様、右が1.125”IGS対応ダウンポートタイプです。
ダウンポートタイプのガス入口&出口は底面にあるのでこの写真では見えませんが、並べてみれば一目瞭然ですね。

基本的に現在使用されているIGS用ダウンポートタイプMFC&MFMには大きく分けて2種類の形状があります。スタンダードサイズと言われるポート間寸法92mmピッチのものと、コンパクトサイズと言われる79.8mmピッチのものです。
それぞれをVCRタイプのものと対比して憶えておくとわかりやすいので、以前使った表を再掲載しておきます。

151102_01.jpg

IGS対応は更に奥行き寸法で1.5インチ仕様と1.125インチ仕様が存在します。
底面から見た図を見て頂くとわかりやすいと思います。

160217_02.jpg

こんなイメージです。
組み合わせとして4つあることになりますね。
IGS黎明期はUSが1.125“スタンダード、日本は1.5”コンパクトが多かったのですが、最近では1.125”コンパクトというサイズも存在しています。1.5“スタンダードというのも無いわけではないのですが、大きなものより小さなものが好まれるのはIGSのフットプリントを小さくするという思想からすると当然かもしれませんね?
でも、これだけではないのです。
更にIGSで重要になってくるのはシール方式という部分で、いくら1.125“スタンダードというサイズはクリアしていても、シール方式が異なれば取り付けることが出来ません。
そのお話は次回に。

【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】by Deco EZ-Japan

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

Secret

プロフィール

EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠

Author:EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠
MFC千夜一夜物語のDeco こと 黒田 誠 です。
2014年6月より流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”EZ-Japan(イージージャパン)として開業いたしました。

流体の流量・圧力・温度に関わる計測・制御技術の伝承と、新技術のご紹介を行うエバンジェリスト(伝道師)の仕事を生業といたしております。

日本工業出版さんの「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載を続けさせて頂いています。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ