第58回大気環境学会年会 環境機器展 & 技術セミナーに参加してきました!

2017年9月6~8日、兵庫医療大学で行われた 第58回大気環境学会年会の環境機器展と技術セミナーにブロンコスト・ジャパンが出展・参加されたので、6、7日とEZ-Japanも応援参加してまいりました。

170912_01.jpg
兵庫医療大学 きれいな校舎でした。

170912_02.jpg
環境機器展 ブロンコスト・ジャパン(株)ブースです。

170912_03.jpg
技術セミナー 2日目のトップバッターでDecoが講師をさせていただきました。

今回の展示、セミナーの主役はこのMASS-STREAMです。
170912_04.jpg

大気環境となると、PM2.5の話題がここ数年大きく取り上げられていますが、その分析にはまず一定量大気(空気)を捕集しないといけません。1m3 (立方メーター)あたりで何個のPM2.5が存在するからという基準になる体積をきっちり測らないと、ベースになる部分があるときは0.9m3 またあるときは1.2m3と変動しては比較になりません。
そこで、大気をポンプで捕集していただく際に、マスフローメーター(MFM)を使って頂こうというご提案なのです。

もちろん今までもマスフローをお使いになっているのですが、MASS-STREAMは非常にこのアプリケーションに対する親和性が高い製品なのです。
なぜなら・・・
①インサーションタイプセンサーで流体を全量測定するMASS-STREAMは、少々の大気中のゴミや水分が入っても問題ありません。
分流構造の従来MFMでは異物混入によるセンサー管と層流素子(バイパスともいう)との分流比が崩れてしまうと、表示と実流量が乖離していってしまう現象が生じます。
それだけでなく吸引=大気圧~真空の圧力下では、製造時に大気圧で調整した分流比が崩れる事により、異物詰まりと同じ現象が生じるMFMもあるのです。

また・・・
②MASS-STREAMのインサーションセンサーはシンプルで太い流路構成をとれますので、圧力損失がとても小さく作れる利点があります。
最大でも大気圧は1013hPa(A)程度しかないので、ボンベやコンプレッサーで02~0.3MPa(G)で空気を供給する場合よりも、流路の圧力損失に神経質になってやる必要があります。
分流構造の場合、センサー管へ流れを分岐する為に、層流素子入口には圧力損失を産む構造体をわざわざ設けないといけないのです。
170912_05.jpg

ブースでお目にかかった方々やセミナーでは、こういったMASS-STREAMの利点をご説明申し上げ、納得いただけたかと思っています。
色々なアイデアも頂き、大変有意義な学会でした。
来年も参加させていただけたらと思います。(でも、JASISと日程がクロスしてしまうのが・・・)

【MFCニュース】 by Deco EZ-Japan

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

Secret

プロフィール

EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠

Author:EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠
MFC千夜一夜物語のDeco こと 黒田 誠 です。
2014年6月より流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”EZ-Japan(イージージャパン)として開業いたしました。

流体の流量・圧力・温度に関わる計測・制御技術の伝承と、新技術のご紹介を行うエバンジェリスト(伝道師)の仕事を生業といたしております。

日本工業出版さんの「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載を続けさせて頂いています。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ