(株)タテヤマ製作所 電源指示設定器“PTS-002EXT”

今回取り上げますのは株式会社タテヤマ製作所(千葉県館山市那古1610-1 代表取締役 テクニカルスペシャリスト 大島 誠さん)のマスフローコントローラ(MFC)/マスフローメーター(MFM)用 電源指示設定器 “PTS-002EXT”です。
はい、以前取り上げた”PTS-001EXT"の兄弟機ですね。
今度は入力出力信号を4-20mAの電流信号用にしたモデルです。

170306_01.jpg

PTSシリーズはマスフロー(MFC&MFMの総称)に必要なAC/DC電源と流量表示機能、そして流量設定機能(MFCでのみ使用)をオールインワンにしてパネルマウントも可能な構成を取りつつ、お求めやすい価格設定で提供しておられます。

今回のPTS-002EXTは、PTS-001EXTの仕様をそのまま継承して、入出力信号を電流信号である4-20mAにしたモデルです。
002が採用している電流入出力4-20mAは、001の採用している0-5VDCとどこが異なるのでしょうか?

1. 対ノイズ性能
電流信号の優れた特性は、その対ノイズ性能です。
電圧ノイズが発生した際に電圧信号でやり取りをしていれば、ノイズ電圧はそのまま信号に乗ります。
しかし、これを電流信号でやり取りすればノイズ影響は微小となり、ノイズによりMFCの制御性能を損なうことが少なくなります。

詳しくはMSYSTEMさんの計装Webマガジンエムエスツデーの解説”計装豆知識”を読んでみてください。

2. 伝送距離
1. の裏返しでもあるのですが、電圧信号はノイズ耐性に強くする為には電圧をその分上げる必要があります。
でも、長距離引き回すと配線抵抗により電圧降下が生じるというジレンマがあります。
一般的に電圧信号はシールド線を使っても10m程度をお薦めしてます。
(近辺に強いノイズ源、RF電源やモーターがある場合は、10mでもダメな場合があります。)
電流信号の場合、各抵抗値(送信側、受信側、ループ)により計算することになりますが、100mどころかkm単位での伝送も可能になります。

ちなみにPTS-002EXTの場合、本体の入力インピーダンスが250Ωです。
接続する推奨品:ブロンコストMFC(定電流方式4-20mA信号)は外部インピーダンス制限が375Ωですので、ブロンコスト製専用ケーブル0.25sq x 8c shield (DIN8 もしくは Dsub9 コネクター 付)で700mまで延長が可能になります。

*ちなみに電流信号のシャント抵抗(受信側抵抗)は、送信側より低ければ問題はないのですが、一般的に250Ωが使用されます。これは電圧信号1-5VDCに変換できるからですね。

3. 断線検知
これは電圧信号の1-5VDCでも言える事なのですが、意図的にゼロ点位置を0Vや0mAにせず、1Vや4mAといった浮かせてある方式を”ライブゼロ”と呼称します。
この方式の利点は、ケーブルの断線、接触不良といった事故と、流量信号0を容易に見分けることができる点です。
安全面では地味ですが非常に重要な機能と言えます。
”おかしいなぁ。ガスが流れている筈なのに、流量が0のままだ!もっとレギュレーターの圧を上げるか!”という時に、本当はマスフローと指示計の間のケーブルが断線していて、出力を読めていないだけだったら、ゾッとしますね。

これらの特長を持つPTS-002EXTシリーズは、4-20mAの電流信号オプションを全ての製品で対応可能なブロンコスト製品とは親和性がとても高い製品です。
他社製品だと、そもそもそういったオプション設定が無いか、あってもかなり割高になりますが、ブロンコストは電流入出力でオプションコストは原則不要ですし、PTS-002EXTは001より少し高くなる程度です。

”4-20mA電流信号は難しそうだ”と敬遠しがちな方も、このPTS-002EXTは電圧信号と同じように配線するだけでOKです。
かくいうDecoも、いつまでも”マスフローは0-5VDC”という考えに拘ることなく、ここでPTS-002EXTを使って4-20mA電流信号での伝送に入門してみようかと思っています。

お求めはPTS-001EXTと同じく(株)タテヤマ製作所製品を取り扱っている株式会社フロパーサル(埼玉県川口市戸塚1-9-15-401 代表取締役 水書 隆さん)までお問い合わせください。
技術的なお問い合わせはEZ-Japanまでいただいても結構ですよ!

【EZ-Japan ここでもう一押し!】by Deco EZ-Japan

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

Secret

プロフィール

EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠

Author:EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠
MFC千夜一夜物語のDeco こと 黒田 誠 です。
2014年6月より流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”EZ-Japan(イージージャパン)として開業いたしました。

流体の流量・圧力・温度に関わる計測・制御技術の伝承と、新技術のご紹介を行うエバンジェリスト(伝道師)の仕事を生業といたしております。

日本工業出版さんの「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載を続けさせて頂いています。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ