06/29のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/サービスのblog : マスフローメータ・マスフローコントローラのゼロ点 https://t.co/NfvEbuWbO3 https://t.co/yPty8NXpsm
06-29 17:52

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : オランダ大使館でのセールスミーティング https://t.co/yst2tZPVoi https://t.co/tDmAB9CIFh
06-29 00:23

RT @hello_pantech: 好評のサラダランチが今年もスタートしています🌴✨サラダ、お好きなパン、ドリンク(同じドリンクがおかわり1杯無料!)がついて680円です😋😋 https://t.co/BXJigyKlZ2
06-29 00:23

RT @Hikoujima95: *焙煎出来立て情報・H29,6月27日*本日のお勧めは【マンデリン】シティローストです。独特な苦味をお楽しみいただけます。そのほか数種類出来立てです‼︎ https://t.co/bT9wN5fB32
06-29 00:23

06/27のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @BronkhorstJP: EL-PRESSの超電導マグネット向け適用例を掲載しました。https://t.co/ih68tbDgt6
06-27 14:59

ブロンコスト セールスミーティング @ オランダ大使館

2017年6月22日 オランダ大使館 事務棟セミナールーム出島 で ブロンコスト・ジャパン(株)主催のセールスミーティングがあり、参加させていただきました。

Bronkhorst HIGH-TECH B.V. は、オランダのマスフローメーカーですから、オランダ大使館をお借りしてのセールスミーティングな訳で、これは他のメーカーさんでは絶対経験できないイベントですね。

場所は東京都港区芝公園3-6-3 地下鉄日比谷線 神谷町駅 降りて数分の小高い場所にありました。
東京タワーが間近に見えます。
170622_SalesTraining4.jpg
さすが日本と縁が深いオランダ、良い立地です。

事前登録していただいているで、入門時に写真入り身分証明書を提示して、中に入ります。
”ここからは治外法権なんだよな。”と、意味もなく緊張してるDecoでした。
大使館邸は右手にありますが、当然入れません。
170622_SalesTraining5.jpg

我々はこちらのセミナールーム出島へ
170622_SalesTraining2.jpg

出島の名前の通り、江戸時代長崎にあったあの”出島”をモチーフにしている建物で、上空から見ると扇形になっているそうです。

そこでオランダから来てくれた ファーガスさん(営業統括副社長でブロンコスト・ジャパン(株)の社長兼務)とロブさん、ブロンコスト・ジャパン(株)の大島さん以下スタッフがお出迎え頂き、30名程のレップ、ディストリビューターの方々と一緒に朝10時から休憩をはさみながら17時まで、中身の濃い営業トレーニンを受けさせていただきました。

詳しくはブログではお話ししませんが、一言でいうとマスフロー業界では後発であるが、”Distinguished”(抜群に優れた)なブロンコスト製品をどう日本のお客様にご紹介していくか?をファーガスさんやロブさん自らの営業経験に基づいた解説や討議を行いました。
商売を知らずに札束だけを数えるような、流行りのM〇Aな机上の空論ではありません。
ある意味、どんな営業にも通じる基本も含まれており、大変感銘を受けました。

17時でトレーニングが終了すると、プールサイドに席を移してのケータリングパーティでした。
170622_SalesTraining3.jpg
前日、ひどい雨でしたから心配でしたが、集まった方々の人徳のおかげか、なんとか天気も持ち、オープンな雰囲気の中、大使館の方々にもご挨拶ができて、お礼を申し上げることもできました。
うんうん、生ビールが美味しかったなぁ・・・

あっというまの1日でしたが、大変有意義なミーティングでした。
ファーガスさん、ロブさん、ブロンコスト・ジャパンの皆さん、ありがとうございました。
これに懲りずにまた呼んでくださいね!

MFCニュース by Deco EZ-Japan

06/26のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : 分析装置搭載用 液体用マスフローメータ https://t.co/1bOa8z7AZq https://t.co/MLuAAlDor3
06-26 09:10

06/25のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @Hikoujima95: *焙煎出来立て情報・H29,6月24日*本日のお勧めは【グァテマラ】シティローストです。ほどよい苦味と酸味をお楽しみいただけます。そのほか数種類出来立てです‼︎ https://t.co/SBSLYhjynN
06-25 01:33

06/24のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @JHChrisstoffels: Welcoming Bronkhorst Technology for their annual meeting 🇳🇱🇯🇵@NLinJapan @Bronkhorst @HollandHighTech @RVO_Innovatie ht…
06-24 15:20

06/21のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/サービスのblog : 大流量MFCの圧損増加 https://t.co/u4dWQpDULm https://t.co/7fob38eC5k
06-21 09:36

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : [動画紹介] 電磁流量計MAG VIEW MVM-250-Q https://t.co/pN0ofw0eSQ https://t.co/t1KXnPjZN7
06-21 09:35

06/20のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

頂きました^_^貴重な一冊。 https://t.co/czFmPoX04Y
06-20 17:49

RT @measuring_rent: 流量計 レンタルはメジャーhttp://t.co/lY0qSDZK3o
06-20 07:55

RT @hideshione: そのときは悲劇でも後で喜劇になることが多いので、心はいつも喜劇の準備をしておく。
06-20 07:52

RT @hideshione: 魂の言葉:むかし京都に住んでいた頃の話。近所の「餃子の王将」が火事で全焼した。幸い怪我人はなく半年後に新築開店。餃子を食べに行くと客席と厨房を仕切るガラスに貼り紙。客席からは真っ白の裏面しか見えず。調理人向けか。でもよく見ると透けて読めた。手書き…
06-20 07:52

RT @hideshione: ユーザー調査やデザイン思考で言葉を失うほど美味い餃子を作れない。という現実を知らない人が多い。
06-20 07:52

RT @Yam_eye: 【承前】あるとき一匹のアリが何を思ったか、茎を動かしてしまいました。橋を失ったアリたちはまた、大きく迂回することになりす。それを見たキリギリスは少しだけ残念そうな顔をしましたが、すぐに視線を移してしまいました。その年のアリたちは少しだけリッチな冬を過ご…
06-20 07:51

RT @Yam_eye: アリたちがせっせと働くのを草の上からぼんやり眺めていたキリギリスは、ふと思いついて、アリたちが迂回していた水たまりに一本の茎を落としました。最短距離で餌場まで行けるようになったアリたちは大いに栄えましたが、誰も見上げることはなく、キリギリスの存在にさえ…
06-20 07:51

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : [動画紹介] Mass Flow ONLINEの送料 https://t.co/oW8T0yNrSj https://t.co/eDQVl9Oe0T
06-20 07:50

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : [動画紹介] 電磁流量計MAG-VIEW Qシリーズ https://t.co/UzU2zQuDWA https://t.co/mp6GHeB3Gb
06-20 07:49

MFCの動作最大差圧、最低差圧を教えてください

お問い合わせを頂く中で、「マスフローコントローラー(MFC)の動作最大差圧、最低差圧を教えてください。」という内容のご質問がたまにあります。
この質問にお答えするのは、実は難しいのです。

bronkhorst_mfc.jpg
<出展:ブロンコスト・ジャパン(株)

国産MFCメーカーのカタログには、動作差圧 49~294kPa(D)とか、二次圧条件 0.3MPa(G)までという記載があります。
でも、これは日本独特の仕様から来るものだとご存知ですか?
日本のMFCは耐圧性能(圧力定格の場合もあり)1MPa未満で圧力を限定して、しかも流量は100SLM程度です。
この理由は、”高圧ガス保安法”にあります。
一般的にガスを1MPa以上の圧力で製造・消費する場合は、高圧ガス保安法の適用を受けます。
製造というと、ユーザーは関係ないように思えますが、レギュレーターでボンベ圧14.7MPaの窒素を3MPaに降圧して使えば、これは”高圧ガスを製造している”ことになるのです。

ちなみに海外には1MPaからが高圧ガスという取り決めは無い筈です。
従って海外メーカーは、圧力定格10MPaのモデルや、40MPaの高圧、大差圧用MFCが存在しています。
特に大流量になると自ずと圧力を高く設定するアプリケーションが多いためです。
逆に日本のMFCのように1MPa以下の低圧&小流量モデルのみで対応できるアプリケーションは、半導体・真空産業用装置(CVDやエッチャ装置)くらいなのです。
今と違い1990年代の日の丸半導体はイケイケドンドンで投資していましたから、それでも食べていけました。
半導体用途に特化してウルトラクリーンという発塵しない、デットボリュームを削減する方向へ進化していったので、ある意味流量測定・制御の世界ではガラパゴス島での進化に近い形になってしまったのです。

その狭い圧力・流量レンジでは上述のような括りでMFCを定義できます。
ところが、40MPaとか1000L/minの世界になると、お客様の仕様に合わせて最適なサイジング(ガスのCF計算と対応できるバルブのKv値計算による機種選定)が必要になるのです。
その為、一概にカタログの型式を言われて、冒頭の質問をされても困ってしまいます。
過去に「国内メーカーはすぐ答えたぞ!海外品はダメだな。」と言われたこともありますが、それは誤解です。
金太郎飴のように一律「動作差圧 49~294kPa(D)です」なら、すぐにお答えします。

そういう時は・・・
「必要な圧力条件(最大差圧、最低差圧)でお作りできますよ。」
逆にこうお話ししています。
それが受注生産のMFCの良いところなのですから。
圧力仕様でお悩みの方は、”マスフローマイスター” EZ-Japan Decoにご相談くださいね。

MFC豆知識 by Deco EZ-Japan

06/19のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @hayano: だれが豊洲問題のおかしな議論をリードしたのか? その責任は小池都知事とメディアにある https://t.co/2dWJCEfDYB via @satoruishido
06-19 10:50

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : コリオリ式マスフロー+低圧損コントロールバルブ https://t.co/5O3xr8FGFj https://t.co/CwDNQENfng
06-19 10:44

RT @Hikoujima95: *焙煎出来立て情報・H29,6月17日*本日のお勧めはタンザニア産【モンジュールケント】シティローストです。柔らかい苦味をお楽しみいただけます。そのほか数種類出来立てです‼︎ https://t.co/Ja3IRXEUXC
06-19 10:44

06/17のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @AIST_JP: 【プレスリリース】低温・低圧で、プラスチック基材上にセラミック膜をコーティング -プラスチック基材へのエアロゾルデポジション(AD)が可能に-https://t.co/U3ExBixQIJ https://t.co/SQwkY8rDal
06-17 08:06

06/15のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : 企業様 展示会 https://t.co/kCNIl8519E https://t.co/afxftHTEhT
06-15 08:58

RT @Bronkhorst: Bronkhorst developed a Process Pressure Controller to pressurize catalyst research reactors up to 200 bar! https://t.co/wkX
06-15 08:58

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : [Holidays in Germany] 2017年6月15日 Fronleichnam https://t.co/84MFdmdNC9
06-15 08:57

06/14のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

センシリオン液体流量センサーをアナログ信号で使いたい方には、(株)ユーアイニクス SP-323シリーズをお薦めしてます。HPからお問い合わせください→ https://t.co/l1BOkM7zns https://t.co/VSPyOJUInE
06-14 11:07

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : 国内防爆マスフローの出荷 https://t.co/p38I2uQlCZ https://t.co/nqhupxxZQf
06-14 11:05

真・MFC千夜一夜物語 第235話 コリオリは完全無欠の質量流量計 その5

もう一つのMFC千夜一夜物語である日本工業出版さんの「計測技術」誌の「マスフロー千夜一夜物語<質量流量計の基礎>」という連載も2017年6月号(5/25発売)で連載35回を迎えさせて頂きました。
本号ではAPC(Automatic Pressure Controller)の解説をさせてもらっています。

さて、完全無欠の質量流量計と思えるコリオリですが、ウィークポイントはあります、というお話でした。
振動影響以外には、「コリオリ力が弱い質量の小さな流体=低圧条件の気体や微少流量液体を苦手にしている」事があげられます。
だが、この弱点に関しては、微小流量にフォーカスしたコリオリ式マスフローメータ(MFM)、マスフローコントローラ(MFC)を開発してきたブロンコスト・ハイテック社が既にある程度の解決策を提示してくれています。
mini cori-flow m
<mini CORI-FLOWシリーズ 出展:ブロンコスト・ジャパン(株)>

 ブロンコスト社のコリオリ式マスフローは、600kg/h以下の小流量域をフォーカスした製品ラインアップです。
多くのコリオリ式流量計メーカーが、これよりはるかに大きな流量レンジのアプリケーション=プラント関連を見据えているのに対し、同社はあくまで小流量で輝くことを選択していて、これは賢いやり方だとDecoは考えています。
同業が凌ぎ合う世界に後発で参入するのは難しく、好むと好まざるとにかかわらず、先達とのコスト競争という“血を吐きながら続ける悲しいマラソン“が待ち構えています。
流量計の世界はニッチです。
そのニッチの中のさらにニッチな世界は必ずあり、そこには手つかずのブルーオーシャンがあるはずです。
しかし、そこに先達が航路を定めなかったのには当然ながら理由があり、例えば技術的な難度が高かったり、マーケットの需要規模を読み切れなかったりという暗礁が幾つもある海なのです。
ここを泳ぐには、荒波を超えていける技術力と経営陣の確かな指針と忍耐力が試されます。
下図にブロンコスト社のコリオリ式マスフローラインアップを最大流量と最小流量値でマッピングしてあります。
170613_01.jpg
<出展:ブロンコスト・ジャパン(株)>

最大流量はM55で600kg/h、最小流量はM12の0.1g/h、さらに新型のML120シリーズで0.05g/hまでと飽くなき追及が行われています。

ブロンコスト社は1981年に設立されたオランダのマスフローメーカーです。
400人を超える従業員の20%以上が技術開発担当者であり、技術開発志向の強い欧州市場のトップメーカーです。
彼らの守備範囲は広く、気体流量、液体流量、ベーパー制御、そして圧力制御の分野にまたがります。
気体、液体計測&制御に用いられるのはマスフローとしては一般的な熱式がメインでしたが、最近ではコリオリ式に開発リソースを投入しており、微小流量域では他の追従を許さない存在となっています。

mini CORI-FLOWシリーズの構造と動作原理は、下のyoutubeの動画を見てもらえるとわかりやすいかと思います。



残念ながらDecoの表現力では、この動画程スムースに、わかりやすくブロンコスト社のコリオリ構造を解説するのは難しいです。
全編英語ですが、わかりやすい表現ですし、画像だけでも十分理解できると思います。
補足すると、流体が流入していない状況ではセンサーチューブの上流側と下流側は反対の方向に等しく振れています。
ここに流体が入り、センサーチューブの壁面=流体の進路に対して垂直方向へコリオリ力を発生させると、双方のしなりは大きくなり位相差が激しくなります。
このセンサーチューブの振動は上流下流独立した光学素子で測定されており、位相差を流量として取り出すピックアップ部を構成しているのです。

Youtubeには、他にもブロンコスト製品の動画がアップされていますので、色々見てもらうとおもしろいかと思います。
えっ、こんなところまで見せちゃっていいの?とDecoが思うようなシーンもありますよ。

【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】by Deco EZ-Japan

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

06/12のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @kaorurmpom: 今日の東名の事故、観光バス会社の迅速丁寧的確な素晴らしい対応 https://t.co/iZCVBUcbFI
06-12 13:00

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : 大流量アンモニア用マスフローコントローラ https://t.co/3tNrXSQjhc https://t.co/dFYvu0rbys
06-12 12:58

06/08のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @omiya_data: 埼玉ではCMが流れるほど有名なまんじゅうですよ。おみやんが気になってるまんじゅうの一つでもあります😆たっぷり入ったこしあんと、しっとりした皮がおいしそう~!十万石まんじゅうhttps://t.co/MQUeOD9nw9 https://t.c
06-08 17:36

RT @nisc_forecast: 【注意喚起】「請求書を添付」「請求書」といった件名で、ウイルス付メールが拡散中だとして、警視庁やJC3が注意喚起をしています。添付の「 エクセルファイル 」はウイルスです。注意してください!具体例→ https://t.co/jG3Ei
06-08 17:34

RT @itoi_shigesato: おれにも、こんな日があるよ。( 糸井重里 ) https://t.co/ZsobQm5TtP
06-08 17:33

RT @AIST_JP: スーパーグロース法で作製した単層カーボンナノチューブを用いて、高温・高圧耐性に優れた安全性の高いOリングを開発しました。高温から低温まで幅広い温度範囲での使用が可能であり、さまざまな過酷環境下におけるシール用途への応用が期待されます。https://t…
06-08 17:31

RT @AIST_JP: 【プレスリリース】高温でも形状を維持できる強靭(きょうじん)で安全性の高いOリングを開発- カーボンナノチューブとの複合化で耐熱性を向上 -https://t.co/2tjJHGGtog https://t.co/rSe8q6lYuu
06-08 17:31

RT @BronkhorstJP: Webサイトにブロンコスト校正センター(ISO-17025認定)のページを追加しました。https://t.co/mkJsIW5Wt3
06-08 17:29

06/06のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @BronkhorstJP: ブロンコストの気化システム”VDM”カタログの和訳版を作成しました。VDM(vapor delivery module)は、CEMシステムの構成要素をコンパクトな筐体に収めたもので、”プラグ&プレイ”動作可能です。https://t.co
06-06 08:47

マスフロー、流量センサーの流量信号と表示器

マスフローコントローラ(MFC)、マスフローメーター(MFM)の表示(指示)器の選び方に関して、案外知られていない事をお話ししましょう。

測定・計測機器の入出力は、電圧信号(DC 0-5V / 0-10V / 1-5V)や電流信号(4-20mA /0-20mA)があります。
なず表示器の入力仕様が正確に対応していることが条件になります。

電圧信号は電流信号に比べて、電圧ノイズが載った際の影響が大きいことと、電圧自体が抵抗で減衰していくので、長距離伝送には向きません。
また、1-5VDC や 4-20mA というゼロ位置がわざと浮かせてある理由も結構知られていないようです。
これはケーブルが断線を起こした際に、流量0の信号が0Vや0mAでは、判断が付かない為です。
浮かせてあることで、シャットオフバルブで流体の流れを止め流量が0なのに、表示値がおかしいという事態で不具合に気が付くことができるのです。

また、出力信号のスケーリング(流量値との変換係数)が風変わりな流量センサーもあります。
例えば、センシリオンの液体流量センサーです。
SLI01.jpg

センシリオンのセンサーは、何度も取り上げていますが、センサー部をMEMSで作ったCMOSチップで構成されています。
その構造は以下の図のようになっています。
SLI03.jpg
このセンサーの1つの特長は、双方向の流れを計測できることです。
正流(プラス表示)、逆流(マイナス表示)で表しています。

これを表示器で流量地にスケーリングする場合、ちょっとややこしい組み合わせになります。
まずセンシリオンのSCC1アナログケーブルが必要です。
このケーブルは本体のI2Cデジタル出力をDA変換して、0-10VDCのアナログ信号にしてくれます。
*このケーブルは変換アダプタと呼んだ方がわかりやすいです。
本体センサーより、このケーブルの方が電源に対して消費電流量が多いので、適切な電源を準備してくださいね。

問題はこの0-10VDCです。
先程の双方向の流れ対応の為に、出力の5Vが流量0=ゼロ点を表し、5-10VDCが正流、0-5Vが逆流というスケーリングになるのです。
通常の表示器で0-10VDCをそのまま正流方向でスケーリングすると、出力電圧が最初から5V下駄をはいて表示されてしまいます。

ユーアイニクス(株)さんの、指示計 SP-323 を使えば、その問題は解消します。
SP-323-4は表示が-9999~9999となり、逆流の表示が可能ですし、0-10VDC信号を5V=0でスケーリングできるそうです。
また、センサー用電源の24V 150mAを内蔵していますので、先程のアナログ変換ケーブルを含めたセンシリオン液体センサーをドライブ可能です。

通常のMFCでは消費電流量が足らないのですが、同じMEMSセンサーを使用している気体流量測定用ブロンコスト・ジャパン(株)のIQ+FLOWのMFM版なら電源供給が可能です。

161205_02.jpg

SP-323シリーズは、他にもピークホールド機能があったりで、なかなか使い勝手が良いモデルになっています。

MFC豆知識 by Deco EZ-Japan

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

06/05のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @BronkhorstJP: 新製品ES-FLOW(超音波流量計)の登場にあわせ、ブロンコスト製品の流量範囲・圧力範囲などをまとめた資料を更新しました。https://t.co/hLyR1mj8cI
06-05 08:25

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト製品の位置づけをまとめた資料を更新しました。https://t.co/dIqQtcievR
06-05 08:24

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : [Dutch holiday] 2017年6月5日 Whit Monday https://t.co/eC3DAqpyLB
06-05 08:24

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : [Holidays in Germany] 2017年6月5日 Whit Monday https://t.co/aKXIjxYXZq
06-05 08:24

RT @BronkhorstJP: ブロンコスト/マスフローのblog : コリオリ式マスフローメータ・コントローラの校正流体 https://t.co/3hJtFGU4IZ https://t.co/qXSIhjj3b6
06-05 08:24

06/02のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @BronkhorstUSA: Watch our new video explaining our CORI-FILL Technology for fast and precise batch dosing using Coriolis flow meters htt…
06-02 16:37

05/31のツイートまとめ

Kuroda_EZJ

RT @BronkhorstJP: ブロンコストの最新型ガス用マスフローメータ・コントローラEL-FLOW® Prestigeシリーズがアメリカ合衆国Flow Control誌のInnovation Awardにノミネートされました。6月末まで投票受付中!https://t.…
05-31 11:39

RT @BronkhorstJP: Webサイトの最新ニュース>ローカルニュースに情報追加しました。https://t.co/gI2zwCkumo
05-31 11:39

RT @BronkhorstJP: Webサイトの最新ニュース>新製品ニュースにプレスリリースが追加されました。https://t.co/cc4Msfabl4
05-31 11:36

RT @BronkhorstJP: EL-FLOW(R) Prestigeのアプリケーション例がBronkhorst UKのブログ(英文)にて紹介されております。https://t.co/IecfIkV3aD
05-31 11:35

今頃、自分のマスフローの熱式センサーの解説文に間違いを発見! 上流下流で"一対の"測温抵抗体が と言う表現が "二対の" になってます!これは最初にマスフローを覚えたリンテックさんの周囲温度保証方式センサーが二対であった名残でついつい出てしまう言葉。三つ子の魂百までですね。
05-31 07:36

プロフィール

EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠

Author:EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠
MFC千夜一夜物語のDeco こと 黒田 誠 です。
2014年6月より流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”EZ-Japan(イージージャパン)として開業いたしました。

流体の流量・圧力・温度に関わる計測・制御技術の伝承と、新技術のご紹介を行うエバンジェリスト(伝道師)の仕事を生業といたしております。

日本工業出版さんの「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載を続けさせて頂いています。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ