2.知的財産法の概要

知的財産法の概要です

1.知的財産・・・人間の創作活動で産み出されるもので、経済的価値を有するもの
チェック!人間が産み出していない物(自然、機械の創造物)は知的財産ではない

2.知的財産権・・・法律により創作者などに独占的に認められた知的財産を運用する権利
チェック!知的財産の創作者が知的財産権者(権利者)となるが、財産権は他人(法人含む)へ譲渡(売却、贈与)、相続可能。故に創作者=知的財産権者とはならない場合がある。 

3.知的財産法
前提:憲法29条2項 <財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。>
チェック!法の体系は 憲法>条約>法律>命令(政令>府省令>条例)の関係にあることを理解しておくこと

財産権の内容=著作権、産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)その他(育成者権、営業秘密に関する権利)       

法律=知的財産法 
        著作権法 
        産業財産権法(特許法 実用新案法 意匠権法 商標権法 以上4つの総称)
        その他     (種苗法 不正競争防止法)
チェック!知的財産法は知的財産に関する法律の総称であり、具体的に定められた法律名ではない!
     同様に産業財産権法も4つの法律の総称である


①著作権法 
著作物の要件、著作者人格権及び著作権、出版権、著作隣接権、権利侵害に対する措置等について規定する
著作物=文化的所産であり、その公正な利用と、著作権者の権利保護を図り、もって文化の発展に寄与することを目的とする
チェック!産業財産権法は「産業の発展」が種苗法は「農林水産業の発展」、不正競争防止法は「国民経済の健全な発展」が各々の目的である

②特許法
発明の定義、特許権取得の為の手続き、特許権の内容、権利侵害に対する措置等について規定する
発明の保護及び利用を図り、発明を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とする

③実用新案法
考案の定義、実用新案権取得の為の手続き、実用新案権の内容、権利侵害に対する措置等について規定する
物品の形状、構造、または組み合わせに係る考案の保護及び利用を図り、考案を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とする
チェック!考案=小発明とも呼ばれ、特許権の対象となる発明ほど高度ではないものを定義することで、権利取得を簡素化している

④意匠法
意匠の定義、意匠権取得の為の手続き、意匠権の内容、権利侵害に対する措置等について規定する
デザインなど意匠の保護及び利用を図り、意匠の創作を奨励し、もってもって産業の発達に寄与することを目的とす


⑤商標法
商標の定義、商標権取得の為の手続き、商標権の内容、権利侵害に対する措置等について規定する
トレードマークなど商標の保護することで、商標を使用する者の業務上の信用の維持を図り、もって産業の発達に寄与することと、需要者の利益の保護を図ることを目的とする

⑥種苗法
品種や種苗の定義、育成者権取得の為の手続き、育成者権の内容、権利侵害に対する措置等について規定する
農林水産物の新品種保護により、品種育成の振興と種苗の流通適正化を図り、もって農林水産業の発展に寄与することを目的とする

⑦不正競争防止法
不正競争や営業秘密の定義、権利侵害に対する措置等について規定する
事業者間の公正な競争及びこれに関する国際約束の的確な実施を確保するために不正競争の防止及び不正競争に係る損害賠償に関する措置等を講じ、もって国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする

テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

1.知的財産管理技能検定3級をとってみよう!

いきなりですが、知的財産管理技能検定3級の勉強をする日記です。

受験に当たっての細かいことは、こちら

なぜ急に思い立ったかと言いますと、実はうちの奥さんがその勉強をしていまして、テキストがリビングに置いてあったのを読んで思いついたのでした。

国家資格である知的財産管理技能士を取る為の検定なのですが、
実務経験も無く、大学で関連科目単位を持っているわけでもない、いわば畑違いの素人であるDecoがいきなり1級を受験する資格はないので、3級から勉強してみようと思います。

とはいってもDecoもメーカーの営業企画・商品開発関係に携わっていたので、今までも特許係争・商標登録という業務を知財部の専門家の意見を聞きながら対応してきたことがあります。
ただ、やはり自分の判断基準として確固たる基礎を持っていないな、という自覚はありました。
でも、Decoは試験勉強嫌いの資格至上論否定者だったので、今まではこういう資格の存在は見えていても無視していたのが実情です。

*持っている資格は普通自動車免許と特殊高圧ガス取扱主任者くらいだったりします。お話しした方には結構驚かれるのですが・・・

特にこれからの時代に必要なスキルだということと、まだ資格者数が少ないと言うこと(これ大事!)、そして大病から復活してまた仕事に取り組むのに、今までの経験は「真・MFC千夜一夜物語」のように再構築してブラッシュアップしていくとして、+αになる新しいスキルを備えていきたいな、全く新しい分野に挑戦してみるのもいいかな?と思ってのことなのです。

さて、どこまでやれるのか?
次回の第15回検定(2013年7月28日実施予定)を受験できるのか?
この記事ですら一回書いたら消えてしまい、そこはかとない逆風感を感じてはいるのですが、やってみます!

テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠

Author:EZ-Japan(イージージャパン)代表 黒田 誠
MFC千夜一夜物語のDeco こと 黒田 誠 です。
2014年6月より流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”EZ-Japan(イージージャパン)として開業いたしました。

流体の流量・圧力・温度に関わる計測・制御技術の伝承と、新技術のご紹介を行うエバンジェリスト(伝道師)の仕事を生業といたしております。

日本工業出版さんの「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載を続けさせて頂いています。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ